記事一覧

タイ旅12ワットプナシーサンペットとマハタート

アユタヤツアー次は『ワットプナシーサンペット』です。
こちらはロカヤスタに比べると、塔が残ってます。歴代の3人のアユタヤ王の遺骨が収められているそうです。
以前の建築のミニチュアやイラストなどの展示で破壊された場所が多いことがわかります。
上半身がない仏像など、痛々しいですね。
レンガの塀の周辺には壊された仏像がたくさんありました。

『ワットマハタート』
木の根に眠る仏像の頭『ワットマハタート』とても有名です。
ミャンマーの侵略で壊された仏像の頭が長い年月で育った木の根っこと一緒に表れた。
とても神秘的な風景です。
写真の撮影は顔よリ下の位置にすことが義務付けられていました。
静粛な気持ちで臨んだ記念写真、ちゃんと仏像の下にいますね。
ファイル 4256-1.gifファイル 4256-2.gif
ファイル 4256-3.gifファイル 4256-4.gif
ファイル 4256-5.gif

タイ旅11象に乗る

一緒の旅した妹、初美の今回の目的『象に乗る』朝鮮です。
2階建ほどの高さの大きな象、とても美しく神々しいです。
階段の列に並ぶ先は象乗り場、丁度てっぺんに椅子が設置されています。
注意事項の描かれた看板は様々な国に言葉で説明。写真は禁止、特に象使いへのカメラお願いは危険とありました。

一頭に二人。
何だか高い、そしてノシンソとゆっくり歩きます。歩く補聴につられて、私たちも体もゆらりゆらり、何だか王様気分、気持ちいい!と慣れた所で
象乗り場のゲートを出て道路、4車線の道路の脇を車を上から眺めながやユラリユラリ
時たま、すれ違う象、スリルです。
道路を歩き水飲み場へ、鼻から水を吸い上げ口元に器用に持っていきます。
半分は水浴びかな。とても可愛い!
受付で言われた紙幣は象の鼻が受け取り象使いへ、賢しこい。
とても感動的な経験でした。タイへ行かれるかた、オススメですオススメです。
写真は現地の方の撮影750円、貴重な一枚です。

ファイル 4255-2.gifファイル 4255-5.gif
ファイル 4255-3.gifファイル 4255-4.gif
ファイル 4255-1.gif

タイ旅10 アユタヤ ワットロカヤスタ

今回のメイン『アユタヤ』観光です。
水上マーケットダムヌンサドアクからバンコクへ戻り、ホテルの贅沢なランチを堪能
逆方向のアユタヤ県へ車で1時間ほどの距離です。
アユタヤは以前の首都、1767年ミャンマーとの戦いに敗れ、王宮や寺院は廃墟となっています。
レンガで造られた土台やトウモロコそのような仏塔が残り、その大きさから当時の繁栄が伺えます。
アユタヤの遺跡はいくつかあって、こちらは『ワットロカヤスた』
横になった白い仏像、ワットポーを思い出しますね。かつては寺院の中にた仏像です。
献花代も萎えられ、花や線香が手向けられています。
ファイル 4254-1.gifファイル 4254-2.gif
ファイル 4254-3.gifファイル 4254-4.gif

タイ旅9 水上マーケット

ココナッツ工場を出て、ダムヌンサドアク水上マーケットに着きました。
モーター付きの小船に乗って、辺りを散策。
運河の両サイドには高床式の家、生活の様子がわかります。
開放状態の家には生活感たっぷり、洗濯物や壁に貼ってある写真、台所の様子など様々
綺麗な庭や、廃墟のような家など様々です。

ボートは泥水の水しぶきをあげながら、進みます。時たま濡れます。
ここでディズニーランド級の水を求めては、いかん。
『タイでは郷に入れば郷に従え、楽しみ秘訣です』
船を降り、次は手漕ぎボートでゆったりとお買い物タイムです。
川の両サイドには高床式のお店、床の上には商品が立ち並んでいます。
木になるお店では船頭さんに合図して横付けしてもらいました。
船頭さんは船を漕ぎながら口笛で『上を向いて歩こう』を演奏してくれます。
サービス精神たっぷり、タイ人は親切な人が多いです。

置物やスパイス、洋服、食器、シルク、小舟で汁物を作っている人
みんな船を起用に寄せながらの買い物、私はタイシルクのテーブルクロスを1500バーツを1000バーツ(3000円)に値切ってゲットです。
帰りは『ココナッツアイス』初の露店からの食、おいしいです。焼きバナナやフルーツ(ザボン)も美味しかった。です。

ファイル 4253-1.gifファイル 4253-2.gif
ファイル 4253-3.gifファイル 4253-4.gif
ファイル 4253-5.gif

タイ旅8 ココナッツシュガー工場

20日、土曜日、朝6時30分、電車で集合場所へ行きます。
早朝のため、ホテルの美味しい朝食を諦め、前日「セヴンイレブン」で買ったサンドウィッチが朝食。
バンコクには、日本のお店も多く、日用品、食べ物、飲み物も、不自由しません。
地元の露店の美味しいフルーツやジュースは豊富、安くて美味しいです。
ツアーバスで向かうはバンコクから車で1時間ほどの「ラチャブリー県」広く大きな高速は快適
高速を抜けると、都会のバンコクとは一転してのどかな風景
たくさんのヤシの木や田んぼ、自然豊か、とにかく大地広いです。
ガイドさんの説明によると、タイでは『ヤシ』は捨てるところがないほど重宝
砂糖や、ココナッツミルク、アイスクリーム、殻はその容器として使い
木本体は家具を作るそうです。
関心しながら聞いてた最初の到着は『ココナッツシュガー工場』
古い時代から使われる、ココナッツ実削りきでガイドさんが趣味レーション
以前は各家庭の必需品が今は加工されるものを使っているそうです。
日本の削り節削りに、似てますね。
ここで、お土産に『ココナツシュガー』を沖縄の黒糖に近いです。親近感湧きます。

教室のお土産の一品『ココナッツシュガー』他には空港で買った『象型のチョコレート』を用意してます。
ゆっくり買い物をした後に観光バスの到着、ドイツ人の団体
タイミングよく、バスに乗ります。
ファイル 4251-1.gifファイル 4251-2.gif
ファイル 4251-3.gif
ファイル 4251-4.gifファイル 4251-5.gif

タイ旅7『アジアアティーク』

専用のシャトルボートで『アジアアティーク』アジアアティーク』に行きました。
タイのナイトマーケットで人気の場所です。1500点以上のショップが立ち並びます。
夕食を終えて、『足のマッサージ』はつ挑戦、250バーツ(750円0で30分
相場よりも高いそうですが、気持ち良さは最高。疲れた足には最高のご褒美。
旅の期間中、毎日マッサージを体験、オススメです。

タイ旅6 『ワットポー』と『ワットアルン』

『ワットプラケオ』を出て『ワットポー』
体調約46メートル体調約46メートルの黄金の仏像が仏道に横たわっています。
ツアー中の多くの場所に行きますが、シンプルな名前と強烈な印象で名前を覚えている方も多いと思います。大きすぎて、写真が。。。。右側は仏像の頭です。
ちなみにタイ語の「ワット」はあ「寺」の意味だそうです。
次にチャオプラヤーを船で渡った対岸にある『ワットアルン』
白色にブルー系のタイルが特徴です。
急な階段を登って行きます。上からの景色はとても綺麗ですが、朝からの歩きと日差しの暑さで。少しお疲れ。
ツアーはここで終了。サラデーン駅で車を降り全員(沖縄から来たメンバー)合流です。

ファイル 4248-1.gifファイル 4248-2.gif
ファイル 4248-3.gifファイル 4248-4.gif
ファイル 4248-5.gif

タイ旅5 ワットプラケオ&王宮

19日 午後
『ワットプラケオ&王宮』
王宮は1900メートルの壁に面積218000メートル
国王の宮殿や即位式の建物、王室守護寺院のエメラルド寺院、宮内庁や官庁などがるそうです。
広い敷地に建造物がたくさんあり、進む回廊にはストリーのある壁画、絢爛豪華です。
最初に目につく大きな黄金の仏塔、塔のてっぺんには仏舎利(お釈迦様の遺骨)が収められているそうです。手前はガイドさんです。
広い敷地には、それぞれ特徴ある建造物。
『アンコールワットの全体像のミニチュア』細かい柱など細部に作られ
真っ直ぐに伸びる柱の間を除くと本物のような錯覚になります。
そして、『エメラルド仏寺院』王室守護寺院、本堂に安置されているエメラルド仏、ヒスイで掘られ、年に3回王様自らの手で衣替えをされるそうです。
靴を脱いで本堂、高い場所に置かれたエメラルド仏、写真撮影はこちらは禁止、美しい仏はゴールドの衣を着ていました。
ファイル 4247-1.gifファイル 4247-2.gif
ファイル 4247-3.gifファイル 4247-4.gif
ファイル 4247-5.gif

タイ旅4 ドレスコード

ガイドさん曰く『タイを訪れたら、最初に行く場所』が今日のコース3台寺院と王宮です。
ツアーバスを降りて直後たくさんの布を持った女性が姉と妹に近寄るタイ語で話しかける。
「物売り?」
王宮入場には「ドレスコード」があるようです。ノースリーブやショートパンツ禁止、ジーパンの擦り切れも NGです。
入場できるよう、服装のうえから、まとうスカート風の布やロングパンツを、売り込みに来てたんですね。早速、300バーツ(900円)で購入。さすが姉妹、多くの種類の中、同じ色柄を選んでます
街中でも、その服装をされてる観光客らしい人を多く見かけました。
パンツなどは着心地も良く、涼しい、悪くない買い物です。
門前、多くの人、沖縄の夏のような炎天下です。
ファイル 4246-1.gifファイル 4246-2.gif
ファイル 4246-3.gifファイル 4246-4.gif
ファイル 4246-5.gif

タイ旅3 BTSスカイトレイン

タイ旅2日目
朝食を済ませて、2つのグループに分かれて行動です。
私の姉、妹に生徒の宮城さん、明日までの二日間、日中はこの4人で行動です。
ホテル近くの駅『トンロー』からの出発、朝から大勢の人が、店の準備で忙しく働いています。
で店にはカットされたフルーツやジュース、食べ物屋さんがいっぱい
モダンな建物も多く、おしゃれなカフェもたくさんあります。
乗り物の種類も多く、比較的大きな日本車、バス、マイクロバス、トゥクトゥク、バイク様々、スピードを出しながら走る乗り物。街全てがスピーディー。
道路を横断する時には地元の方を追いかけるように渡りました。どうも、コツがあるよです。


前日に予習した路線を見ながら日本のスイカと同じ使用の「ラビットカード」を購入
3駅先の「アソーク」に向かいます。
駅や電車はとても綺麗です。エアコンが寒いくらい。
アソックから待ち合わせのロビンソンデパートのマクドナルド前
正午にツアーコンサルタントの方が迎えに来てくれました。

ファイル 4245-1.gifファイル 4245-2.gif
ファイル 4245-3.gifファイル 4245-4.gif