Diary 2005. 1
メニューに戻る
1月31日 (月)  明日から仕事

今日までの休みを1日、遊ぶことに決めて映画の『はしご』しました。
最初に『ネバーランド』周りの人の評判が良かったので是非映画館で、風景が奇麗でしたね。行きたいですねイギリス。そして『オペラ座の怪人』最初はミュージカルというものに違和感が、台詞が歌に変わると緊迫感が感じられない気がしたのですが、それは最初だけ終盤はかなり盛り上がってました。最後の歌も良かったです。怪人のファントムの声が良い!しかし好き嫌いかなり別れるかもしれません。少し疲れている時は睡魔に襲われるかも、しれませんね

明日から教室、遊んで楽しんだ分、多いにがんばります。

150-1.jpg 150-2.jpg



1月30日 (日)  東京3日目

東京3日目、朝11時荷物をまとめ、チェックアウト
新宿の東急ハンズに行きました。偶然見つけた紀伊国屋の最上階の劇場、「片岡鶴太郎」「広瀬涼子」など....有名人からのお花がたくさん、これは面白いかもしれない、集合時間までには2時間足の疲れもピーク、財布の中身も少し寂しくなったところで喜屋武さんと意見が一致。『歩兵の本令』という演劇を見て来ました。、
とてもよかったです。出演が「的場浩二」「窪塚俊介」後、名前はしらないのですが、テレビで見たことある人達、舞台の装置の早がわりなど、沖縄では見られない。一緒に渡されたパンフレットには沢山の舞台の広告があって、テレビではわからないところで、いろいろ活躍してるんですね。俳優ってすごいですね、ド迫力でした。

そして、羽田へ、ここで又素敵なお店、発見、話には聞いていたのですが、4階にある『トゥーシェ』アンティークのトレーとピンクション、シンブルをゲット、最後の買い物となりました。
8時20分発、11時15分着、沖縄、広々とした道、車での移動、ほっ!としますね。

151-1.jpg 151-2.jpg 151-3.jpg



1月29日 (土)  東京2日目

東京2日目、朝食は優雅にホテルのレストランで和食をいただきました。お部屋の方も広々して、とても快適、ドームに行かれる方、オススメです。そして、いよいよキルトフェスティバル、10時には入り口は長蛇の列、しかし流れはスムーズで、すぐに会場へ、人!人!人!しかも圧倒的な数の女性。ゆっくりとキルトを眺めることはむつかしいですね。そして観覧席にもお弁当を片手に休憩しているたくさんの女性達。
展示された中で目をひいたのが、ビーズ刺繍デザイナーの『田川啓二』さんのブース。今、私の興味ある『アリスワンダーランド』がテーマ
ここだけは、壁などで仕切られていて、ストーリーのあるディスプレーよかったです。
写真右はそこでゲットしたビーズのオーナメントやポーチ等です。
時間を決めて1時に合流、キルト好きのメンバーですが、ここを切り上げて外へランチ、そして町へと繰り出しました。渋谷、自由が丘などを回って、夕食をとり、東京最後の日はホテルの私の部屋でみんなで、キルト談義となりました。話は尽きることがなく明日に備えて2時30分解散です。

152-1.jpg 152-2.jpg 152-3.jpg



1月28日 (金)  国際キルトフェスティバル

28.29.30国際キルトフェスティバルに行ってきます。その為、今日、明日、教室はお休みさせてもらいました。那覇空港から12時35分発、2時45分羽田空港到着です。新しくなった羽田を1時間ぶらぶら、そしてリムジンバスで1時間かけて東京ドームホテルに到着です。明日の会場から徒歩で5分位、周りには、後楽園、ショッピングモールレストランもいろいろ、早くもいろいろな買い物をしつつ、観覧車なども乗りました。ほとんどのお店は9時に閉店、そして夕食はイタリアンレストランで祝杯を上げて解散しました。

153-1.jpg 153-2.jpg 153-3.jpg



1月27日 (木)  『不思議な国のアリス』紹介-9

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-9

今日は『不思議な国のアリス』シリーズから「ハンプティーダンプティー」を紹介します。

154-1.jpg 154-2.jpg 154-3.jpg



1月26日 (水)  『不思議な国のアリス』紹介-8

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-8

今日は『不思議な国のアリス』シリーズから「ハンプティーダンプティー」の為に作ったテーブルクロスを紹介します。

hitomi diary

『ロードオブザリング二つの塔』のフィギア付きDVD限定商品が手にはいりました。これで3種類全て揃う予定。これもスタッフのナカンダカリさんのおかげです。ありがとうございました。

155-1.jpg 155-2.jpg 155-3.jpg



1月25日 (火)  『不思議な国のアリス』紹介-7

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-7

今日は『不思議な国のアリス』シリーズからフレームキルトを紹介します。フレームの裏側の板に穴をあけて、時計をはめ込みました。

hitomi diary
旧プリンター工場長の入れ替えで今まで使ったインクの使用量を数えてみました。この5年間かなりハードな仕事量でしたが、黒インクが110枚カラーインク202枚でした。

156-1.jpg 156-2.jpg 156-3.jpg



1月24日 (月)  『不思議な国のアリス』紹介-6

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-6

今日は『不思議な国のアリス』シリーズから「誰がタルトをぬすんだ?」のフィギアの為のステージを紹介します。
このシリーズ全てフィギアが主役、その為にはパッチワークはできるだけシンプルなパターン、そこで刺繍が大きなポイント、みなさん、サテンステッチ是非、習得して下さい。キルトの仕上がりに大きく関わるみたいですよ!

hitomi diary
週末、生徒M.Kさんからのお勧めの本『イギリスの湖水地方を歩く』を読みました。NHKの番組「トレッキング紀行」の取材に訪れた、エッセー本ですが、一気に読んで、一旅してきた気分です。
ピーターラビットの著者ビアトリクス-ポター(名前、この機会に記憶したい)や詩人ワースワースが住んでいた地を歩いて旅する話
偶然、このテレビの番組を録画したDVDがあり、このダイアリーを書き終えたらそれを見たいと思っています。

157-1.jpg 157-2.jpg 157-3.jpg



1月23日 (日)  『不思議な国のアリス』紹介-5

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-4

今日は『不思議な国のアリス』シリーズからチェシャ猫のコーナーを紹介します。
写真左の3つのフィギア、形は同じですが、色が違います。左と真ん中は海洋堂のTEA PARTY PART1から、左はシークレット、しっぽの部分がペイントされていません。フィギア集めの初めての経験に『シークレット』の存在を知りました。希少価値の問題かもしれませんが、やっぱり『あたり』は嬉しいですよね。
右は本のおまけについていた物、敷物の色が違います。2つ揃えば、やはり3つ欲しい、フィギア目的に買い求めた本ですね。
そしてチェシャ猫ステージです。このフィギアは県外のコンビニで販売されていましたが、おみやげに頂いて1つゲット、ネットオークションで、手に入れた物を2つ分けてもらい、3種類揃いました。
最初の予定はステージの真ん中に一つ飾るつもりでしたが、色違い3種類が手に入ったので、ガラスの器などを使ってこんな感じでディスプレーしています。
パッチワーク、最終目的!仕上がった後、どう飾る?それとも箱の中に宝物として納めて....これもいいかも、楽しみ方いろいろです。

158-1.jpg 158-2.jpg 158-3.jpg



1月22日 (土)  『不思議な国のアリス』紹介-4

CHOCO-G-QUILT
ALICE IN WONDERLAND-4

今日は『不思議な国のアリス』シリーズからドームキルトを紹介します。
フィギアの色に合わせて作った、ステージとミニタペストリーです。ドームのガラスに両面テープで貼付けています。

159-1.jpg 159-2.jpg 159-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2005/1
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月